お問い合わせ・レビュー掲載のご依頼はこちら

【開封・使用感レビュー】ACTIVE WINNERバランスボールをイス代わりに使ってたら腰回りが筋肉痛になった【口コミ・評判】

この記事は5分で読めます!
この記事では、自宅で気軽に使うことができるバランスボールの使用感レビューをお送りします。

こんにちは、TSUBUMAME(@tsubumame_ara30)です。

「痩せるために自宅でダイエットしたい!」「ぽっこりお腹が気になる!」「猫背を直したい!」

という悩みを持っている人は多いですが、具体的に何をしたら良いのかわからなかったりしますよね。

 

そんな時は、普段の生活で使うイスを「バランスボール」に変えてみるのがが良い感じですよ!

前々からジムでバランスボールを使ってスクワット(補助的な役割で)をしていたりしたのですが、バランスボールに座って背筋を伸ばしているだけで腰回りの筋肉が筋肉痛になりましたw

一日の中でイスに座っている時間が長い人ほど、一度でいいのでバランスボールを使ってみて欲しいです!

この記事の内容

  • ACTIVE WINNERのバランスボールの開封・使用感レビュー
  • バランスボールを使って期待できる主な効果
  • バランスボールを使ったエクササイズ・トレーニング方法まとめ

この記事では、ACTIVE WINNER様からバランスボールをご提供頂いたので開封・使用感レビューをお送りしていきます。

ACTIVE WINNER バランスボール開封・使用感レビュー

それでは、早速ACTIVE WINNERのバランスボールの開封・使用感レビューをお送りしていきます。

ACTIVE WINNERのバランスボールを開封!

ACTIVE WINNERのバランスボールはこんな感じの箱に入って届きます。

箱の大きさは横29.3cm、縦17.6cm、幅11.8cmです。

側面にはバランスボールの仕様が書かれています。

ACTIVE WINNER バランスボールの仕様
サイズ最大直径65cm
素材【ボール本体】塩化ビニール(PVC)
【空気入れ】PP
耐荷重約150kg(アンチバーストタイプ)
適応身長160~180cm
付属品以下の画像参照

ACTIVE WINNERのバランスボールの内容物はこんな感じです。

ACTIVE WINNER バランスボール内容物

  • バランスボール本体(右上)
  • 空気入れ(右下)
  • 取扱説明書(左)

バランスボールを膨らますための空気入れが入っているのが嬉しいですね。

バランスボールを購入するとき空気入れが付属していない物も多いので、この点はありがたい点です。

バランスボール本体を広げてみるとこんな感じになります。

最大直径65cmと書かれていましたが、本当にそこまで大きく膨らむのか不思議に感じます(実際にふくらましたら65cmになりました)。

空気入れです。

黄色いポンプ部分と、青いチューブ部分は分かれているので使う時にくっつけましょう。

くっつける時は画像内赤丸のように二つの口の内、「青い口」にくっつけてください(取扱説明書に書いてあります)。

くっつけたら、後は実際にふくらませていくだけです。

ACTIVE WINNERのバランスボールを膨らます! ※注意点あり

それでは、空気入れを先端をバランスボール本体に差し込みます。

画像のように、空気入れの先端部分をバランスボール本体にあいている穴に突っ込みます。

かなり力強く突っ込まないと奥まで入らず、空気を入れている最中に引っこ抜けてしまうので注意してください。

空気入れをくっつけました。

空気入れの先端部分は大体半分ほど、バランスボール本体に差し込んでいる状態です。

これで後は黄色いポンプ部分を足で踏んで空気を入れていくだけです。

入れ始めです。

ちょっとだけ膨らみました。

空気を入れ始めて2分程経過しました。

「風の谷のナウシカ」に出てくる『王蟲(おーむ)』っぽい形状になりましたw

空気を入れ始めて8分程経過しました。

これでやっと半分といったところです。

空気入れを踏む足も疲れてきて、すでに足腰のトレーニングをしている感じです。

あと、空気を入れる時に空気入れから「ヒューヒュー」という鋭い音が出たので、夜中にやるのはやめた方が良いと思います(深夜にやってた)。

空気を入れ始めてから15分程経過しました。

これで大きさ的に55cmくらいになりました。

ただ、バランスボール本体を見てみると、折りたたまれていた時のシワが目立っている感じがあります。

TSUBUMAME

シワが気になる。。。どうにかならないのだろうか。。。

と思って、取扱説明書を読んでいたら、まさにピンポイントでシワのことが記述されてました。

ここが注意点です

バランスボール本体に使われている素材「塩化ビニール」の性質的に、一度に最大限の直径にまで膨らまないようです

1時間おきに4~5回の空気を入れると良いとのこと…なるほど。やってみましょう。

ということで、1時間放置した後で改めて空気を入れてみたらキレイにシワがなくなりました!

こんなにキレイになるもんなんですねぇ~~~驚きです。

直径も67cmにまで膨らませることができました(空気入れ過ぎたかな?)。

ACTIVE WINNERのバランスボールの使用感

ということで、無事に最大直径の65cmになったので実際に使ってみました!

普段、Webライターの仕事をしているのでデスク前にバランスボールを置いて、バランスボールに2時間程座りながら作業をしてみました。

その結果…

 

 

 

 

腰回りが筋肉痛になってるΣ(゚д゚)!

お尻の筋肉も少し痛かったですね…座って作業していただけなのに。

確かに最初の方は調子に乗ってバランスボールに座りながら上下にはねてみたり、左右に動いてみたりしたけども。

それでも、ここまで腰回りの筋肉が痛くなるとは思わなかったです…!

 

あと、使っている中で段々と疲れてきて「猫背」になってくる自分がいました

意識して背筋を伸ばしつつ座っていた方が腰回りだけでなく背中や腹筋も使えるのでさらに効果は高まりそうです。

当然、個人差はあると思いますが効果がゼロではなさそうでした。

 

注意点として、このバランスボールはかなり弾力性があるので小さい子供がいる家庭で使う際には注意した方が良いと思います。

バランスボールの上で飛び跳ねでもしたら大変なことになるので、注意してくださいね。

ACTIVE WINNERのバランスボールの安全性について

ACTIVE WINNERのバランスボールは「アンチバースト仕様」で作られています。

アンチバーストとは、本体に穴が空いてしまっても破裂することなく徐々に空気が抜けていくという仕様のことです。

バランスボールは、周りに尖った物や家具の角がない広い所で使うのがベストですが、自宅で使うとなるとなかなか広いスペースを確保することは難しいですよね。

やむなく寝室やリビングで使っている最中にもし穴が空いてしまっても、破裂することなく徐々に空気が抜けていくので安心です。

ACTIVE WINNERとは?

画像引用:ACTIVE WINNER公式サイト

「ACTIVE WINNER」は、2014年に設立された『効果性を追求し、革新的で高品質なエクササイズ商品を提供するブランド』です。

設立されたばかりのブランドですがユーザーからの評価は高く、Amazonの商品レビューにおいても「非常に評価が高い」とするレビューが目立ちます

ACTIVE WINNERの公式サイトの商品ページにもレビュー投稿フォームがあり、非常に高い評価を得ています。

さらに、ACTIVE WINNER製品とのセルフィーを撮影してメールで送ると「ACTIVE WINNER商品がプレゼントされるキャンペーン」を開催しています

詳細はこちらからどうぞ ⇒ ACTIVE WINNER公式サイト

高評価レビューの多さやキャンペーン等から、ACTIVE WINNERはユーザーからの評価が高く距離感が近いエクササイズブランドといえますね。

バランスボールを使って期待できる主な効果

ACTIVE WINNERのバランスボールを使って期待できる主な効果は以下の通りです。

期待できる主な効果

  • 骨盤矯正・インナーマッスル強化
  • 姿勢の改善・腰痛の軽減
  • 基礎代謝や筋力の向上
  • ダイエット

ACTIVE WINNER公式サイトより抜粋

使用感の項目でもお伝えしましたが、約2時間程バランスボールに乗ってデスクに向かっていましたが、腰回りの筋肉が刺激されていい感じに筋肉痛になりました。

また、疲れてくるとすぐ「猫背」になっていたので、バランスボールに乗ることで背筋を伸ばすことを意識できます。

そのため、【骨盤矯正・インナーマッスル強化】【姿勢の改善・腰痛の軽減】の効果は高いと思います。

ダイエット効果に関してはバランスボールを使って行うトレーニングにもよるかと思うので、何とも言えません。

バランスボールを使ったエクササイズ・トレーニング方法まとめ

バランスボールを使ったエクササイズ・トレーニング方法に関しては、ACTIVE WINNER公式サイトに動画でまとめられていました。

まずは、上記の動画をご覧ください。

 

また、バランスボールの取扱説明書にも基本的なエクササイズや応用方法についてのイラストがあります。

バランスボールの基本姿勢は「背筋を伸ばして腰・ひざ裏が90度になるように座ること」です。

イラストのように膝が伸びたり曲がりすぎたりしないように気を付けましょう。

基本姿勢に慣れたら、その状態で上下に弾んでみてください。

弾むだけですがバランスを取るのが難しいと思います。

続いて、基本的な動作についてです。

バランスボールの上に乗って、前後に動いたり左右に動いたりしてみましょう。

自分はこれをやっただけで腰回りの筋肉が痛くなりました…

ここからは応用編です。

バランスボールという球体の上でこれらの動作をしようとすると、あっけなくバランスが崩れます。

バランスが崩れないように維持することでインナーマッスルが鍛えられていくので、しっかりと踏ん張りましょう!

こちらも応用編。かなり難易度が高いです。

特に腹筋はバランスを維持しつつ上体を起こすので、だいぶツラめなトレーニングになります。

これらの動作もインナーマッスルを鍛えるのに役立つので、体がバランスボールから落ちないようにしっかりと踏ん張りましょう!

TSUBUMAME

これらの動作をしてもバランスが崩れなければ、インナーマッスルが強いということの証明になるかと思います!

自分もまずはバランスを崩さないように維持することから始めます!

普段の生活で使うイスの代わりに「バランスボール」を使ってみましょう!

ということで、ACTIVE WINNERのバランスボールの開封・使用感レビューをお送りしました。

バランスボールに座って約2時間程デスクに向かってパソコン作業をしていただけで腰回りの筋肉が痛くなりました…

ちゃんとしたエクササイズ・トレーニングをすれば、さらに効果があるはずなのでこれからドンドン挑戦していこうと思います。

自宅で気軽にエクササイズ、トレーニングができるので気になった方はこちらから覗いてみてください。