お問い合わせ・レビュー掲載のご依頼はこちら

プロテインを摂るなら日常的に!食事の補完として考えよう!

こんにちは、TSUBUMAME(@tsubumame_ara30)です。

皆さんは、トレーニング後にプロテインを飲んでいますか?

実は、プロテインを飲むなら日常生活の中に摂り入れた方が効率が良いということをご存知でしょうか?

トレーニングの効果をしっかりと出したいなら、血液中のアミノ酸を一定にキープすることが大事なポイントです。

それには1日3度の食事を徹底することが重要な課題ともいえるのですが、それが難しい場合の「食事の補完」としてプロテインを活用すべきなのです。

今回は、プロテインを日常生活に取り入れるべき理由を説明していきます。

スポーツにおけるサプリメントは2種類に分けられる

プロテインを含むサプリメントは、大きく分けて2種類あります。

それが「ダイエタリーサプリメント」と「エルゴジェニックエイド」です。

  • ダイエタリーサプリメント:日常生活に必要な栄養素を補うもの
  • エルゴジェニックエイド:運動のパフォーマンスや運動効果を上げるためのもの。

プロテインを摂り入れるなら、まずは「ダイエタリーサプリメント」として活用すべきです。

 

トレーニング時は体重1kgあたり1.6~1.7gのタンパク質が必要です。

仮に体重が70kgなら、1日に112~119gのタンパク質が必要となる計算です。

これだけのタンパク質を食事だけで摂るのが難しい場合にプロテインを活用するのが良い方法なのです。

プロテインは必要量のタンパク質を食べて補給できない時の補完として使おう

本来であれば1日3度の食事で、バランスよくタンパク質を摂取するのが良い方法と言えます。

ですが、生活している中でどうしても難しい場合がありますよね。

仕事が忙しくて食生活が不規則、お付き合いの飲み会、暴飲暴食などなど…。

また、年齢を重ねてきたことで消化機能が衰えていたり、食事のカロリーが気になる場合などもあるかと思います。

そういったときは、食事量を少なめに栄養素の高い食品をプラスして、残りの必要分はプロテインで補うというのが良いでしょう。

まずは1日3度の食事を目指し、どうしても難しい場合にプロテインで補完するという意識を持ちましょう。

まとめ

以上、日常的にプロテインを摂るべき理由について解説しました。

最後にこの記事をおさらいしていきましょう。

  • 血液中のアミノ酸量を常にキープすることでトレーニングの効果をしっかりと出すことができる
  • そのためには1日3度の食事を目指す
  • 1日3度の食事で足りない場合にプロテインを活用して必要摂取量のタンパク質を摂るようにする

1日に必要なタンパク質を食べ物だけで摂取しようとすると、意外と量が多くて食べるのが大変です。

そんなときは、必要に応じてプロテインでタンパク質を補うようにするのがお手軽な方法です。

プロテインについては「筋トレをするならプロテインって飲むべき?飲み方や人気のプロテインを徹底的に調べてきた」でまとめていますので、こちらをごらんください。

また、最近僕が飲んでいるサプリメントについては「【使用感レビュー】レッドアップ サプリを実際に飲んでみた!【元Jリーガーが愛飲するサプリ】」で開封レビューをまとめています。

これらの記事もあわせてご覧ください。