お問い合わせ・レビュー掲載のご依頼はこちら

タンパク質についての理解を深めよう!タンパク質が不足すると筋トレの効果は半減する

こんにちは、TSUBUMAME(@tsubumame_ara30)です。

皆さんは「タンパク質」についてどれくらいご存知でしょうか?

筋トレをして筋肉をおきくするために必要不可欠なタンパク質ですが、なにも筋肉だけを作ってくれるものではありません。

今回は、タンパク質の働きを知るとともに理解を深める意味で内容を簡潔にまとめてみました。

タンパク質についてしっかりと理解したうえで摂取するようにしましょう。

タンパク質の材料はアミノ酸!体の様々な器官を作る「源」

皆さんはタンパク質と聞くと何を思い浮かべるでしょうか?

なんとなく「肉や魚に多く含まれている栄養素」という認識が強いのではないでしょうか。

そして、タンパク質は体を作る栄養素であるということは小学校で習ってきましたね。

 

その認識の通り、ヒトの体は全身に約60兆個もの細胞があるといわれています。

その細胞の主成分が「タンパク質」です。

さらに細かく見ていくと、タンパク質は「アミノ酸」が寄り集まって構成されているものです。

このアミノ酸が複雑に複合することで様々なタンパク質が形成され、内臓や皮膚、血液、毛髪、酵素、そして筋肉が作られていくのです。

つまり、タンパク質を摂取することで体の様々な機関が作られているといって過言ではありません。

ヒトの体が自力で合成できるアミノ酸とできないアミノ酸

タンパク質の主成分となる「アミノ酸」。

ヒトの体を構成するタンパク質の材料となるアミノ酸は20種類あります(アミノ酸そのものは数百種類あります)。

ヒトの体は自分自身でアミノ酸を合成することができるのですが、ヒトの体に必要な20種類の内の11種類のアミノ酸しか合成することができません。

残りの9種類に関しては、食べ物を食べて摂取するしか方法がないのです。

ヒトの体に必要なアミノ酸は以下の通りです。

体内で合成できる非必須アミノ酸体内で合成できない必須アミノ酸
アスパラギンイソロイシン
アスパラギン酸ロイシン
アラニンリジン
アルギニンメチオニン
グリシンフェルニルアラニン
グルタミンスレオニン
グルタミン酸トリプトファン
システインバリン
セリンヒスチジン
チロシン
プロリン

上記のように、アミノ酸は「非必須アミノ酸」と「必須アミノ酸」の2種類に分けられます。

非必須アミノ酸は、自分自身の体で合成できるアミノ酸。

必須アミノ酸は、食べ物を食べて摂取する必要があるアミノ酸のことです。

これらのアミノ酸は、肉や魚といった食べ物を食べなければ摂取できないので、ヒトが生きていく上で必須の食べ物だといわれます。

必須アミノ酸を効率よく摂取するためには

筋トレを行っているときは、普通に生活している人と比べて必須アミノ酸の要求量が増えます。

必要最低限の摂取量では、トレーニングをどれだけ頑張っても効果がありません。

そんなときは、しっかりと食事をとりつつ「サプリメント」を併用してみましょう。

 

一般的に販売されているサプリメントは、HMBやBCAAといった筋肉合成に必要不可欠なタンパク質や栄養素のみを抽出して作られています。

これらを併用して摂取して継続的に筋トレを行うことで、あなたの理想の体を作り上げることができます。

僕が最近飲んでいるのはRed-UP(レッドアップ)と呼ばれるサプリメントです。

このサプリメントに関しては、以下のページで開封レビューを書いていますのでこちらをご覧ください。

関連記事:【使用感レビュー】レッドアップ サプリを実際に飲んでみた!【元Jリーガーが愛飲するサプリ】

肉や魚だけで必要量のタンパク質を摂ろうとすると相当な量の食事をする必要があるので、こういったサプリメントを上手く使って効率よく栄養素を摂取するようにしましょう!

まとめ

以上、「タンパク質の理解を深めよう!タンパク質が不足すると筋トレの効果は半減する」でした。

この記事をおさらいしていきましょう。

  • タンパク質はアミノ酸が寄り集まって作られているもので、ヒトの体の大部分を作る超重要な栄養素
  • アミノ酸は必須アミノ酸と非必須アミノ酸の2種類に分けられ、必須アミノ酸は食べ物を食べて摂取するしかない
  • 必須アミノ酸を効率よく摂取するなら「サプリメント」がオススメ!

筋トレをして体を鍛えたいなら、しっかりと食事をとって必要な栄養素を摂取しなければなりません。

ですが、肉や魚といったものを食べて必要摂取量を取ろうとするとその量は膨大になりますし、他の余分な栄養素まで体に取り入れてしまいます。

そんなときは市販されている「サプリメント」を上手く使って、効率よくアミノ酸を摂取していくようにしましょう!

関連記事:【使用感レビュー】レッドアップ サプリを実際に飲んでみた!【元Jリーガーが愛飲するサプリ】