お問い合わせ・レビュー掲載のご依頼はこちら

テニスで鍛えられる筋肉の箇所はココだ!久々にテニスをしたら筋肉痛になったのでその部位を紹介します

こんにちは、TSUBUMAME(@tsubumame_ara30)です。

先日、久々にテニスをしてきました!

約1年ぶりのテニスだったのですが、思っていたよりは体も動くしボールも打つことができて個人的に嬉しかったです。

ただ、日々筋トレをしているといってもテニスで使う筋肉はまた別だったようで、翌日には筋肉痛が起きていました…!

筋肉痛が起きていたということは、その部位の筋線維を刺激することができたということですね!

筋肉を大きくするためには、筋線維に刺激を加えなければなりません。

ということで、今回は久々のテニスで筋肉痛になった箇所をご紹介したいと思います。

久々のテニスで筋肉痛になった部位

それでは早速、筋肉痛になった部位を紹介していきます。

今回筋肉痛になった部位は、いずれもテニスをすることで自然と鍛えられる部位ばかりです。

これらの部位を鍛えられるテニスは素晴らしいスポーツなので、ぜひチャレンジしてみてください!

僕も近々、テニススクールに通おうと思ってますw

前腕

普段、下半身を主に鍛えているので前腕部分はもろに筋肉痛になってしまいました…!

テニスは皆さんもご存知の通り、ラケットでボールを打つ競技です。

楽にボールを打っているように見えても、実は腕に相当な負担がかかっているのです。

それもそのはずで、自分のいる方向に向かって飛んでくるボールの力に対して、真っ向からラケットでぶつかっていくのですから相当なエネルギーが発生しているはず。

そのエネルギーの影響を受けているのはテニスボールとラケット、そしてラケットを握っている腕全体です(もちろん体全体にもある程度の衝撃はあります)。

ある意味で「痛めている」とも言えますが、刺激が加わっているという意味では間違ってはいないでしょう。

背中

特にサーブやスマッシュを打つときに背中の筋肉(背筋)を使っています。

久々のテニスということで調子に乗ってバンバンとサーブを打っていたら背中が筋肉痛になりました…!

不思議なことに、現役時代に痛めたことのある肩は大丈夫でした。

TSUBUMAME

念入りに準備運動をした甲斐があったのかな?

腹筋

テニスはボールを強く打つ際に腹筋に力を入れて打ちます。

ストローク(ボールの打ち合いのこと)が続けば続くほど、連続して腹筋に力を入れる機会が増えていくのでしっかりと筋肉痛になりました。

また、サーブやスマッシュを打つ際、沿った体を元に戻すのにも使います。

基本的に、テニスをするときにしっかりと腹筋に力を入れることを意識していれば自然とお腹周りはスッキリしていきます。

太もも

テニスボールを打つとき、足は棒立ちのままでは強いボールを打つことができません。

プロのテニス選手を見ていればわかりますが、必ず膝を曲げてパワーを貯めてボールを打っています。

簡単に言えば、膝を常に軽く曲げた状態でラケットを構えているということです。

常に空気イス(というほど膝を曲げている訳ではありませんが)をしているようなものなので、太もも全体に刺激が加わり、結果として筋肉痛になりました…!

下半身を鍛えることで得られるメリットは様々ありますし、テニスは必ず相手が存在するスポーツです。

一人で黙々とやるのが苦手だという方は、テニスをして体を鍛えるのが良いかもしれませんね。

ふくらはぎ

テニスで基本ともいえるステップに「スプリットステップ」というものがあります。

かなり雑な言い方をすると、相手がボールを打つ瞬間にピョンと軽くジャンプしてから動くと早くボールに追いつくことができるというものです。

詳しくというと、足がコートに着地した瞬間の筋肉収縮の反動を利用して次の動作を早めている…というものです。

僕は現役時代、必ずスプリットステップをすることを意識していたのですが、今でも体に染みついていたようで無意識の内にスプリットステップを取り入れていたようです。

おかげで翌日にはふくらはぎがガッツリと筋肉痛になりました…!

TSUBUMAME

体全体のいたるところが筋肉痛になりました…!

テニスは全身運動、且つ年齢関係なくできるスポーツ

上部の筋肉痛になった箇所をご覧いただければわかるように、体全体のいたるところが筋肉痛になりました。

つまり、テニスは全身運動であると言えます。

また、インストラクターをしていた経験からも、ご年配の方が非常に多く楽しんでいるスポーツであるとも言えます。

ボールを追いかけている内に自然と足腰が鍛えられ、ラケットを振ることで遠心力に負けない体幹が作られ、相手が必ず存在するスポーツなので知り合いも増えます。

テニスコートに行ってみれば、多くのお客さんがご年配の方であることがわかります。

このことからも、テニスはいつまでも健康的に生活をするための体作りができる素晴らしいスポーツであるといえますね。

TSUBUMAME

テニススクールに通うことを計画中です。

ぜひ皆さんもテニスを始めてみましょう!

まとめ

以上、久々のテニスで筋肉痛になった箇所のご紹介でした。

テニスはしっかりとボールを打つ練習をすれば全身を鍛えることができます。

また、相手が必ず存在するスポーツなので、一人で黙々と何かをするのが苦手だという人にはうってつけのスポーツです。

これから下半身トレーニングをしようと思っている方や、何かスポーツに取り組みたいという方はぜひ「テニス」にチャレンジしてみてください。