お問い合わせ・レビュー掲載のご依頼はこちら

【ご報告】当ブログでのメイントレーニングを「スクワット」にします!

こんにちは、TSUBUMAME(@tsubumame_ara30)です。

久しぶりの記事更新となってしまいました…

今回はご報告記事です。

様々な書籍で共通して「筋肉量を増やして基礎代謝力を上げることが大事」と書かれていた

記事の更新は滞っておりましたが、トレーニングは継続して行っています。

また、トレーニングを実施しながら様々な書籍にも目を通しています。

 

様々な書籍に目を通していて思ったんですが、体を絞る・ダイエットをするなら「下半身トレーニング」が勧められているなぁという印象です。

当ブログでも、これまで「下半身トレーニング」をオススメしています。

関連記事:お腹をへこます近道は下半身トレーニングにアリ!効果的な下半身トレーニングの紹介

 

ヒトの体の約6割の筋肉量は下半身が占めています。

筋肉量が増えると、基礎代謝力が上がり自然と脂肪を燃焼するようになります。

体を絞る・ダイエットをしようとすると「ランニング」が連想されやすいですが、実はランニングをして消費するエネルギー量よりも、筋肉量を増やして基礎代謝力を上げた方が脂肪燃焼量は多いのです。

 

ヒトの体は全身に様々な筋肉がありますが、上述したように全身の筋肉量の約6割は下半身が占めています。

つまり、全身の約6割の筋肉量を占めている下半身を鍛えることで効率よく筋肉量を増やして基礎代謝力を上げることができるのです。

様々な書籍に目を通していますが、ほぼ全ての書籍に共通して体を絞る・ダイエットをするなら「筋肉量を増やして基礎代謝力を上げることが大事」だと書かれています。

下半身は全身の約6割の筋肉量を占めている=痩せたいならスクワット!

ということで、全身の筋肉量の約6割を占める下半身を鍛えることが体を絞る・ダイエットをする近道だと感じています。

最近では嬉しいことに仕事も忙しくなってきており、なかなかジムに行く時間を確保することが難しくなってきました。

基本的に自宅で仕事をしているので、自宅で気軽にトレーニングができたらいいなぁと常々思っています。

 

自宅でできるトレーニングというと、場所を取らない「スクワット」が挙げられるでしょうか。

スクワットで鍛えられる筋肉と言えば、大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)や下腿三頭筋(ふくらはぎ)等をはじめとする下半身の筋肉です。

 

 

 

あれ?スクワット最強じゃね?

となったので、今後はメイントレーニングをスクワットをはじめとした「下半身トレーニング」としたいと思いますw

まとめ|今後の当ブログでは下半身トレーニングをメインに取り上げていきます!

ということで、自宅で気軽にできる最強トレーニングが「スクワット」であることに気付きましたw

スクワットの利点と言えば、

  • 場所を取らない
  • 気軽にチャレンジできる
  • 全身の約6割を占める下半身を鍛えられる
  • 仕事で忙しい人にも最適!

という4点があげられるかと思います。

 

特に、当ブログのメインターゲットは「30代間近となり、お腹周りが気になりだした男性」です(要するに僕です)。

30代男性と言えば、仕事が波に乗って非常に忙しい毎日を送っている方が多いでしょう。

忙しい毎日を送っている方でも、極端な言い方をすれば「スクワットはその場で屈伸運動をするだけ」なので気軽にチャレンジできるかと思います。

 

そんな忙しい方々に向けて、効率よい下半身トレーニングをご紹介していきますので、今後とも当ブログをよろしくお願い致します!