お問い合わせ・レビュー掲載のご依頼はこちら

EMSで腹筋は鍛えられるの?腹筋ベルトEMSを購入したので使ってみた

この記事をザックリ解説!

  • お腹に貼るだけの腹筋ベルト「EMS」の使用感レビュー
  • 腹筋に刺激が加わるので軽い筋肉痛にはなる
  • ただし並行して運動をしないとバキバキには鍛えられない

こんにちは、TSUBUMAME(@tsubumame_ara30)です。

あなた

お腹周りが気になってきたけど、鍛える時間がない…

こういったお悩みをお持ちの方はとても多いと思います。

TSUBUMAME

かくいう僕も、お腹周りのお肉がめちゃくちゃ気になっています…!

ということで、今回はこんなものを買ってみました。

お腹に貼るだけで腹筋が鍛えられるというトレーニングマシン「EMS」です!

別名で「腹筋ベルト」とも言いますね。

お腹に貼り付けるだけで腹筋を鍛えられるという優れものですが、果たして実際に効果はあるのか!?という点が気になりますよね。

今回は、腹筋ベルトを購入したので実際に使ってみた商品レビューをご紹介していきます。

そもそもEMSとは?

皆さんは「EMS」という言葉をご存知でしょうか?

EMSとは、

EMS=Electrical Muscle Stimulationの頭文字

 

「電気の刺激で直接、筋肉に信号を送り自主的に運動させるもの」

です。

つまり、今回のような電気信号を発するベルトを使うことで、筋肉トレーニングを気軽に行えるというものです。

 

これがなかなか便利で、私は普段Webライターとして活動をしています。

その為、一日の大半をイスの上で過ごしているのですが、執筆作業をしながらこの「EMS」を使ことで、仕事をしながらでも筋肉を動かすことができます

今回購入したものは、20分間使用するだけでジョギング2.5km、腹筋を30分、自由水泳30分に当たる運動量を確保することができるそうです!

あなた

ちょっとうさんくさいですね…汗

ちょっと怪しさ満点ですが、実際に使ってみたいと思います!

今回購入したEMS(腹筋ベルト)はコチラ!

今回購入したのはトレーニングギア「HUiSiT」というものです。

Amazonでお手ごろな価格だったので購入してみました。

外箱はこんな感じです(ちょっと凹んでいるのが気になりますが…)

黒が基本でシンプルな感じです。

内容物はこんな感じです。

左上の大きなものがお腹の部分に貼るタイプ、右上のベルトのように見えるものが横っ腹や腕周りに貼るタイプのものですね。

中間部にある丸い機会が、実際に電気刺激を与えてくれるシステムで6つのパターンがあります。

それぞれで強さが9段階あります。

あとは取扱説明書と、USB充電ケーブルが入っていました。

それでは、実際に製品を見ていきましょう。

一番大きなパッドはこんな感じです。

横から見てみるとこんな感じです。

透明なシートに、本製品が貼りつけてある感じです。

実際に使用する時は、この透明なシートからパッドをはがして、そのまま腹筋に貼り付けて使用します。

ちなみに、この透明なシートはパッドをしまうときに使い続けるものなので捨ててはいけません

裏から見るとこんな感じです。

赤枠で囲ってあるように透明なジェルパッドで貼りつくようになっています。

パッドを実際につけて刺激を与える際も、このジェルパッドを直接お腹につけて貼りつけます。

このジェルパッドは、汚れてしまっても水洗いして日陰干しすれば再び使えるようになります。

取扱説明書には指で触るなと書かれていましたが、検証として触れてみました。

透明なジェルパッドは非常に吸着力が強く、にもかかわらずベタベタしているわけでもなく、はがしやすかったです。

また、指やお腹にジェルパッドが残ってしまうことがないので、使いやすそうだと感じました。

続いて、実際に電気刺激を発生させる機器ですね。

丸い形の機械で大きさは5.5cmほどでした。

真ん中にある「M」というボタンがモード選択、且つ電源ボタンです。

電気刺激の強弱は、左右にある「+」と「-」ボタンを押すことで段階的に調節可能です。

裏側を見てみると、このようにポッチがついています。

このポッチを、

パッドのでっぱり部分に合わせて、

この画像のように差し込みます。

これで接続は完了で、外すのも簡単にできるので充電する際も安心です。

実際に貼り付けてみるとこんな感じです。

パッドに機器を取り付けてはいますが、厚みはそんなにないので服を着ていればそんなに気にはなりません

実際に使ってみると、パッド中央部分(機器がついている箇所)に電気刺激が加えられ、ビックリするくらい腹筋が動きます

ただ、画像を見てわかるようにパッドが6つに分かれていますが、その先端部分までは電気刺激が加えられるわけではないので、あくまでパッドの中心部分に電気刺激が加わるものと思ってください。

個人的にこれが素晴らしいと思ったのですが、USB充電ケーブルがひとつの差込口に対して充電口が二股に分かれています。

これにより、最大で2個同時の充電が可能です。

本製品は3つの機器が入っており、それぞれ充電する必要があるので、同時に2個の充電ができるのはとても嬉しいポイントだと言えます。

 

製品の中身は以上で終了です。

続いて、実際に使ってみた感想をご紹介していきますね。

EMS(腹筋ベルト)を実際に使ってみた感想

EMSという腹筋ベルトを購入して使ってみた感想です。

こういったトレーニング機器は、今回はじめて使ってみましたが、驚くほどに腹筋が動かされました!

強度が9段階調整できますが、4段階目でかなり痛いです。そして、腹筋がめちゃくちゃ動きます。

実際、これを使っていると少し汗ばんでくるので、筋肉が動いていることは間違いないですね。

 

ただ、お腹を上からリズムよく押されているという表現の方が近いかな?と感じます。

その為、この腹筋ベルトを着けているだけで腹筋が割れるということは「まずありえない」と思います。

使い終わった後に多少、筋肉のハリを感じるので、20分間使った後に改めて腹筋のトレーニングを行うと効果的な気がしています。

 

また、先ほども少しお伝えしましたが、電気刺激は4段階目でかなり痛いです。

というか、5段階以上にレベルを上げたらヤバイ!と思うので実際には試せていません。

電気刺激のレベルを上げたら腹筋がバキバキに割れるのかもしれませんが、それ以前に筋肉が損傷するような気がするのでやめておいた方が良さそうです。

もちろん、EMSという腹筋ベルトは多くの会社から販売されており、商品によって差があると思うので実際に試してみるのが良いかと思います。

まとめ

以上、今回ぼくが購入したEMS、トレーニングギア「HUiSiT」の使用感レビューでした。

他の製品については使用したことがないのですが、こういった腹筋ベルトで筋肉をつけるというのはムリだと思われます。

ただ、「何もしないよりかはマシ」だと思うので、今後も仕事をしながら適切なレベルで使いつづけたいなと思います。

関連記事

最新EMSの「スリムパッド」の使用感レビュー!口コミや評判まとめ