お問い合わせ・レビュー掲載のご依頼はこちら

筋トレをすると骨粗しょう症を予防することが可能らしい

こんにちは、TSUBUMAME(@tsubumame_ara30)です。

筋トレをすることで筋肉を大きくすることができますよね。

そうすることで、体の見た目も良くなりますし、テストステロンというホルモンの効果で精神的にも良い効果を得ることができます。

この時点でも良いことづくめの筋トレですが、さらに良い効果があることがわかりました。

それは「骨粗しょう症の予防」ができるということ

将来の健康的な生活を送るためにも、今のうちから筋トレをしておきたいですね。

ということで今回は、筋トレをして骨粗しょう症を予防できるらしいというお話です。

そもそも骨粗しょう症とは?

皆さんは、骨粗しょう症についてどれくらい知っていますか?

ここで、改めて骨粗しょう症について確認しておきましょう。

 

骨粗しょう症とは、簡単に言うと骨がスカスカの状態になっており骨折しやすい症状のことです。

これは中高年から高齢者の方に多い症状で、年齢を重ねることで骨が衰えていくことが原因です。

 

人の体の「骨」についても確認しておきましょう。

骨は、筋肉と同じようにタンパク質が根幹となってできています

タンパク質でできた繊維状のベースに、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが結晶化してコーティングしたものが「骨」になります。

骨も筋肉や皮膚と同様に新陳代謝をしており、分解と再構築を繰り返しています(これをリモデリングといいます)。

 

年齢を重ねていくと、骨の分解が多く行われ、リモデリングのバランスが乱れます。

そうなることで結晶化しているミネラルが不足して、もろい骨になっていきます

これが骨粗しょう症の原因です。

骨粗しょう症予防には運動が欠かせない

骨粗しょう症は、加齢によるリモデリング(分解と再構築)のバランスが乱れたことによるミネラルの不足が原因です。

とわかれば、ミネラル分を摂取すれば骨粗しょう症を予防できるように見えますね。

ところが、それだけでは予防することができません。

カルシウムやマグネシウムといったミネラル分を、効率よく吸収するためには運動をすることが必要不可欠なのです

 

運動をすることで筋肉へ負荷がかかり、それと同時に骨にも負荷がかかります。

骨に負荷がかかり圧力が加わることでマイナスの電位を帯びる圧電効果が生まれます。

マイナスの電位を帯びた状態だと、プラスの電位を帯びたカルシウムが引き寄せられて骨に定着化しやすくなるのです。

 

さらに、筋トレをする事で分泌される「成長ホルモン」も骨の成長に欠かせません。

成長ホルモンを介して生じる「IGF-1(インスリン様成長因子1)」が、骨を成長させてくれます。

骨の材料となるタンパク質を摂取することで、筋肉と骨の両方を鍛えることができます。

 

肉や魚を食べることでタンパク質を摂取できますが、効率よくタンパク質を摂取するのであればプロテインがおすすめです

必要量のたんぱく質を摂取しようと物を食べると他の栄養素も多量に摂取することになってしまいます。

ところが、プロテインはタンパク質を効率よく摂取するために作られている補助食品なので物を食べるよりも少量で済むという利点があります。

プロテインについては、筋トレをするならプロテインって飲むべき?飲み方や人気のプロテインを徹底的に調べてきたでまとめていますので、こちらをご覧ください。

骨粗しょう症は女性に多いが男性も油断ならない

日本における骨粗しょう症患者は、約8割が女性だそうです。

45歳~55歳頃に閉経をすると女性ホルモンの分泌量が低下します。

女性ホルモンには骨の分解を抑制して再構築を促す効果がありますが、閉経後は女性ホルモンの減少によって骨粗しょう症にかかりやすくなってしまいます。

 

このように、女性の方が骨粗しょう症にかかりやすいですが、男性でも油断はできません。

20歳をピークに右肩下がりでテストステロンと呼ばれるホルモンの分泌量がどんどん減っていきます。

テストステロンが減少することで、性欲や物事への意欲の低下、疲労やうつ状態を引き起こしやすくなります。

鬱状態を引き起こしてしまえば運動をする機会が極端に減り、筋力や骨の衰えが進み、骨粗しょう症になりやすくなってしまいます。

 

男性女性問わず、筋トレをして筋肉と骨の両方を鍛えておくことが重要であることがわかりますね。

筋トレをするなら、自宅でも気軽に挑戦できる「スクワット」がおすすめですよ。

お腹痩せに最適!最強の下半身トレーニング「スクワット」のやり方を画像入りで徹底解説しますで、スクワットの正しいやり方を画像入りで解説していますので、こちらもご覧ください。

まとめ

以上、「筋トレをすると骨粗しょう症を予防することが可能らしい」というお話のまとめでした。

この記事をおさらいしていきましょう。

  • 骨粗しょう症とは、骨がスカスカになり骨折しやすくなる症状のこと
  • 骨粗しょう症を引き起こす原因は、分解と再構築のバランスが乱れてミネラル不足を引き起こすこと
  • ミネラル分を効率よく骨に定着化させるためには「運動」をして骨に圧力を加えることが必要

健康的な生活を送るためには、運動が必要不可欠ということですね。

ちなみに、筋トレは何歳から始めても効果があります

上記のリンクで、何歳から始めても効果があることの理由を解説していますので、こちらもあわせてご覧ください。