お問い合わせ・レビュー掲載のご依頼はこちら

筋トレは何歳から始めても効果がある!思い立ったが吉日!

こんにちは、TSUBUMAME(@tsubumame_ara30)です。

皆さんは、筋トレをする人と聞かれたら何歳くらいの人をイメージされるでしょうか?

僕の場合は20代から30台前半の人というイメージがあります。

ですが、人の体は不思議なもので、年齢を重ねていったとしても、筋肉は何歳からでも成長させることができるそうです。

今回は、筋トレは何歳からでも始められる運動であることを説明していきますよ。

筋トレは何歳から始めても効果がある

皆さんはなにか習い事をしていますか?

基本的に習い事は若ければ若いうちからやり始めていた方が身につきます。

語学やスポーツなんかは特にそうですよね。

年齢を重ねてから、こういった習い事を初めても習得するまでには時間がかかってしまいます。

 

ところが、筋トレは何歳から始めても効果があるのです。

筋肉そのものは衰えていきますし、若いときと比べて成長度は遅いですが、年齢を重ねても筋肉の成長機能自体が失われることはありません

正しいフォームで適切な負荷をかけてあげれば確実に筋肉は成長するので、年齢を理由に筋トレをするのは遅すぎるということはないのです。

筋トレは高齢者にもおすすめ!ただし注意点もアリ

筋トレは、高齢者の方にもぜひオススメしたい運動です。

年齢を重ねることで筋肉は衰え、萎縮していきますが、適度に刺激すると再び成長を始めるのだそうです。

また、先日の筋トレをしないと将来歩けなくなる!?筋トレをしてロコモティブ・シンドロームを防ごうでもご紹介しましたが、高齢者の方のロコモティブ・シンドロームを予防する観点からも、高齢者の方は積極的に筋トレを行うべきだと考える専門家の方も増えているそうです。

MEMO
ロコモティブ・シンドロームとは

自由に立ったり、歩いたりして自立した生活を送る基盤となるのが運動器(筋肉や骨、関節のこと)です。

この運動器の衰えや障害により、異動する機能が低下した状態のことをロコモティブ・シンドロームと呼びます。

 

ただし、注意点もあります。

高齢者の方にも筋トレは非常に効果的ですが、関節や骨などの老化が進んでいる場合があり、関節が故障したり骨折してしまう恐れがあります

関節や骨において、一度低下した機能を復活させるのは非常に難しいのだそうです。

そのため、高齢者の方が筋トレや運動を始める際は、必ず医師に相談のもと行うようにして下さい

筋トレを継続させるコツは誰かと一緒にチャレンジすること

1日単位での筋トレはできたとしても、継続し続けることは非常に難しいです。

ですが、誰かと一緒に筋トレをすることで継続させることができます。

そのためには、家族や友人、会社の人を誘ってともに筋トレをすることをオススメします

誰かと一緒に筋トレを行えば、お互いが同時に飽きることさえなければ継続させることは容易です。

継続さえすれば確実に筋肉は成長するので、身近にいる人を誘って、共に健康な体を目指してみましょう。

まとめ

以上、「筋トレは何歳から始めても効果がある」ということについて紹介しました。

最後におさらいです。

  • 筋トレは何歳から始めても効果がある
  • 年齢を重ねても、筋肉の成長機能が失われることはない
  • 高齢者の方にも筋トレはおすすめ。ただし、医師の指導のもとで行うこと

いまこの記事を読んでいる方は、ぜひコレをきっかけとして今から筋トレを始めてみてください。

気軽に始められるものであれば「スクワット」がおすすめですよ。

スクワットのやり方は、お腹痩せに最適!最強の下半身トレーニング「スクワット」のやり方を画像入りで徹底解説しますでまとめていますので、こちらをご覧ください。

周りの人を誘って、みんなで健康な体を手に入れましょう!