お問い合わせ・レビュー掲載のご依頼はこちら

1byoneの体重計を買ってみた!最近の体重計はiPhone接続でメモいらず!

この記事をザックリと解説!

  • 1byoneの体重計「スマートスケール」の使用感レビュー
  • iPhoneやAndroidでアプリを使えばすべての計測結果を自動でグラフにしてくれる
  • 体重計に乗るだけでデータがアプリに送信されるので手間いらず

こんにちは、TSUBUMAME(@tsubumame_ara30)です。

みなさんは「体重計」をお持ちでしょうか。

ぶっちゃけ、男の一人暮らしだと体重計なんて買わなくないですか?

僕はつい最近まで体重計を持っていなかったのですが、ついに買ってしまいました!

 

今回購入したのは、1byoneというメーカーの「SMART SCALE(スマートスケール)」です。

こちらの体重計、体重はもちろんのこと、BMIや体脂肪率、筋肉量まで計測できる体組成計なのです。

しかも、お手持ちのiPhoneやAndroidスマートフォンでアプリをインストールしてBluetooth接続することで、自動で体重推移グラフを作ることができるんです!

 

ダイエットを頑張ろう!と思って体重計に乗っても、はじめのうちはメモを取るのも頑張れますが、段々と面倒くさくなってきますよね

ところが、1byoneの「SMART SCALE(スマートスケール)」は体重計に乗るだけで自動記録してくれるんです。

この機能が便利過ぎて、見つけた瞬間にポチっとしてしまいましたw

ということで、1byoneの「SMART SCALE(スマートスケール)」使用感レビューをお送りしていきます!

1byone「SMART SCALE(スマートスケール)」を選んだ理由

体重計や体組成計と言えば「タニタ」や「オムロン」、「Nokia」が有名ですよね。

そのなかで今回1byoneの「SMART SCALE(スマートスケール)」を選んだ理由は3つあります。

  • 体重以外も計測できるタイプ
  • スマホアプリと連動して測定結果の自動メモができる
  • 他社製品と比較してめちゃくちゃ安価

それぞれの理由について解説していきますね。

体重以外も計測できるタイプ

このブログを立ち上げた理由として、「お腹回りが気になってきたので凹ませたい!」というものがあります。

ダイエットするという意味でも、日々の体重を計測しておくことでモチベーションの維持にもつながります

その際、体重以外にも計測できた方が何かと便利だなーと思ったので、BMIや体脂肪などもわかるタイプのものを探していました。

スマホアプリと連動して測定結果の自動メモができる

今回、日々の体重を計測していくために購入を検討していたのですが、正直言って毎回メモを取るのは面倒くさい!

ただでさえ継続しにくいダイエット。それ以外の面倒くさいことはなるべく省きたい!

という想いで、Bluetooth接続でスマホと連動するタイプを探していました。

タニタやオムロンでもBluetooth接続できるものはあったのですが…余裕で2万円とかして価格が高すぎる(^^;)

ということで最後の理由。

他社製品と比較してめちゃくちゃ安価

そうなんです、他社製品と比較してめちゃくちゃ価格が安かったんです。

その価格、なんと3,000円台!!

安すぎてびびりましたw

 

そして、これは実際に使ってみた結果も含まれていますが、コストパフォーマンスがすごいです。

後程ご紹介しますが、アプリと連動させておけば体重計に乗るだけでデータを自動転送してグラフを作ってくれます。

しかも、僕の求めていた体重以外の面も測定できるので、僕の要望にベストマッチした体重計でした。

それがたったの3,000円程で購入できたのですから大満足です!

 

ということで、購入した1byone「SMART SCALE(スマートスケール)」が届いたのでさっそく開けていきます!

1byone「SMART SCALE(スマートスケール)」が届いたぞ!さっそく開封!

はい!購入した1byone「SMART SCALE(スマートスケール)」が届きました!

箱の大きさは40cm弱くらいで、思っていたよりは大きい感じでした。

 

内容物はこんな感じです。

  • 1byone「SMART SCALE(スマートスケール)」本体
  • 取扱説明書
  • 単4電池4本

めっちゃシンプルですね。

 

本体はこんな感じです。

大きさは、縦30cm×横30cm×厚み2.7cmです。

箱は大きかったですが、本体は小柄でそんなに邪魔にならない感じです。

 

「SMART SCALE(スマートスケール)」の本体表面は、透明なガラス盤な感じです。

デザイン性も良くて、とてもかっこいいですねー!

ただ、ガラス盤なので物を落としてしまったら割れてしまうと思うので注意が必要です。

 

本体の裏面はこんな感じです。

真ん中に電池を入れる感じですね。

 

真ん中にある電池のふたは、下にスライドさせることで外せます。

プラス面とマイナス面に注意して、単4電池を4本入れます。

 

電池を入れると、表面に数字が表示されました。

実際に体重を計測したときもこの部分に数字が出ます。

普段は電源がオフになっていて、上に乗るだけで電源がオンになるのでとても便利です。

 

これが取扱説明書です。

前半は英語表記、後半は日本語表記となっています。

このページで専用アプリのQRコードを読み取ってインストールすることができます(検索しても出てきます)。

 

中身は以上で終わりです。

続いて、実際に1byone「SMART SCALE(スマートスケール)」を使ってみた感想です。

使い方から解説していきますね。

1byone「SMART SCALE(スマートスケール)」を使ってみた感想

はい、それではここからは1byone「SMART SCALE(スマートスケール)」を実際に使ってみた感想を述べていきたいと思います。

まずは、実際の使い方から見ていきましょう。

アプリのインストールから使い方

1byone「SMART SCALE(スマートスケール)」を使うときの専用アプリは『1byoneヘルスケア』というアプリです。

取扱説明書にQRコードが載っていますし、App StoreやGoogle Playで検索をしても見つけられます。

 

アイコンはこんな感じですね。

なんとなく鍵のついたマークに見えるのは僕だけではないはず。

さっそく、このアイコンをタップしましょう。

 

アプリをタップすると、この画面になります。

実はこの「1byoneヘルスケア」というアプリ、iPhoneに標準搭載の「ヘルスケア」アプリと連携させることができます。

連携させることで、おたがいのデータを読み込ませることができます。

これでiPhoneが1台あれば体重管理などはカンペキです!

連携させるものを選び終わったら、一番上にある「許可」を押して次に進みましょう。

 

続いて、あなたの情報を入力していきましょう。

上部あるイラストをタップすると、画像を変更することができます。

身長に関してはアバウトで良いと思います。

また、レベルという箇所をタップすると「これくらいの頻度で運動をしている人」という指標が出てきます。

一般的には「普通」を選択すれば良いかと思います。

全項目に入力し終えたら「保存」をタップします。

 

「保存」をタップすると、設定は完了です。

 

ということで、実際に乗ってみます。

電池が入っていれば、体重計に乗るだけで電源が入ります。

電源が入った状態でしばらく乗っていると、表示された数字が点滅します。

点滅すれば測定終了なので、体重計から降りて大丈夫です!

 

体重の測定が無事に完了すると、自動でスマートフォンにデータが送信されます。

データを受信すると、こんな画面が表示されるので保存をタップしましょう。

 

電源オフの体重計に乗るだけで、

  • 自動で電源オン
  • 体重測定開始
  • 点滅したら終わり
  • 自動でデータ送信
  • アプリでデータの確認が可能

と、めちゃくちゃ手軽ですよね~!

というか何もしてませんw

このお手軽さが最高ですね!

 

はい、ということで実際の計測結果が表示されました!

  • 体重:74.7kg(肥満))
  • 体水分率:52.0%(不足
  • 体脂肪率:26.2%(軽肥満
  • 骨量:2.7kg(不足
  • BMI:26.2(軽肥満
  • 内臓脂肪レベル:11(やや肥満
  • BMR:1609Kcal(やや低い
  • 筋肉量:53.8kg(最適)

計測結果を見ると、不健康のただのデブでした。

頑張って痩せます。。。

とまあ、こんな感じで色々な数値が計測できるのです!

たった1回、体重計に乗っただけでこれだけの情報を調べられるってすごいですよね~!

 

この画面の左下には「履歴」というボタンがあります。

ここをタップしてみましょう。

 

すると、このようにグラフが表示されます(現在は1回しか計測していないのでこんな感じです)。

この機能のおかげで、毎日計測するだけでグラフができあがるので日々のモチベーションにもつながります。

しかも、体重以外の計測項目についてもグラフが作成できるので、すごく便利ですね。

 

元の画面に戻って、真ん中の設定を押してみましょう。

 

すると、こんな感じの画面になります。

ここで、先ほど入力した情報の変更ができたりします。

 

余談ですが、1byone「SMART SCALE(スマートスケール)」には、「ベビーモード」というものがあります。

これはその名の通り、赤ちゃん用のアカウントを作成することができます。

大人の体重を事前に入力して起き、赤ちゃんを抱きかかえた状態で計測することで赤ちゃんの各種情報を計測することができます。

もちろん他のユーザーの登録もできるので、このアプリ1個で家族全員の体重計測をする事ができます。

 

iPhoneユーザーの方は、標準搭載されている「ヘルスケア」アプリにもデータが読み込まれています。

試しにヘルスケアアプリをタップしてみましょう。

 

ヘルスケアアプリをタップしたら、一番下の「ヘルスケアデータ」をタップ。

画面を下にスクロールすると、「身体測定値」というものがあるのでそちらをタップします。

 

すると、先ほど計測した数値がここに表示されます。

iPhoneに標準搭載のヘルスケアアプリは、1byoneヘルスケアにはない様々な機能がついているので連動させておくと非常に便利です。

まとめ

以上、1byone「SMART SCALE(スマートスケール)」の使用感レビューでした!

簡単にまとめるとこんな感じです。

  • 1byone「SMART SCALE(スマートスケール)」は体重以外にも色々と計測できる
  • 電源オフの状態で体重計に乗るだけで、体重計測→アプリへのデータ送信まで自動で行われる
  • なによりも価格が安すぎる!コストパフォーマンス最強の体重計です

お腹をへこましたいという男性の方で、体重計を持っていないという方はこちらを購入してみてください!

いちいちメモを取る必要がないので、簡単にグラフ作成ができてダイエットのモチベーションをアップさせることができますよ。