お問い合わせ・レビュー掲載のご依頼はこちら

筋トレをするならプロテインって飲むべき?飲み方や人気のプロテインを徹底的に調べてきた

こんにちは、TSUBUMAME(@tsubumame_ara30)です。

筋トレを始めると「プロテイン」を飲んだ方が良いのかな?と思ったりしますよね。

僕もトレーニングをし始めたばかりですが、プロテインを飲んだ方が早く筋肉が付くのかな?と思っておりますw

そこで今回は、そもそもプロテインってなによ?という疑問から、色々な種類のあるプロテインの中から気になったものをピックアップしてご紹介致します

この記事では、こんな疑問にお答えします!

  • プロテインってそもそも何?
  • プロテインって筋トレしてるなら飲んだ方が良いの?
  • プロテインって飲み続けないと効果ないの?
  • プロテインって筋トレの前に飲むべき?後に飲むべき?
  • プロテインの種類が多すぎる!オススメってどれ?

それでは早速、見ていきましょう!

プロテインってそもそも何?

プロテインとは、簡単に言えば「タンパク質を粉にしたもの」です。

筋トレをして筋肉を増やすためには、筋トレ量も大事ですが摂取する栄養素も大事です。

特に、筋肉を増やすために必要な栄養素は「糖質」と「タンパク質」の2種類で、中でも「タンパク質」が重要です。

 

普通の食事でももちろん「糖質」と「タンパク質」を摂取することは可能です。

ですが、余分な栄養素やカロリーも摂取してしまうので、より効率よく「タンパク質」を摂取するためにプロテインがお手軽なのです。

プロテインの種類

プロテインには「ソイプロテイン」「カゼインプロテイン」「ホエイプロテイン」の3種類があります。

ソイプロテイン

ソイプロテインは大豆のタンパク質部分を粉末状にしたプロテインです。

消化吸収速度が遅めで、皮膚や骨の強化・血流の改善が期待できますが、水に溶かしたときにダマっぽくなりやすいので飲みにくいことが多いです。

価格が比較的安く、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが入っているので、女性らしい体のラインを維持したい方にオススメです。

カゼインプロテイン

カゼインプロテインは、牛乳を主成分としたプロテインです。

ダイエット時の間食や運動をしない日のタンパク質補給に向いていて、体への吸収速度が非常にゆっくりなので満腹感の持続が期待できます。

ホエイプロテイン

ヨーグルトの上澄みにできる液体をホエイといいますが、ホエイプロテインはカゼインプロテインと同様で、牛乳に含まれるタンパク質の一種です。

筋肉成分に非常によく似ており、多くのアミノ酸を含んでいます。

そのため、トレーニングをしたあとに飲むことで筋肉の修復効果をより高める効果があります。

ソイプロテイン、カゼインプロテインと比べると吸収速度が非常に早く、効率的に筋肉の回復を促すことが可能です。

価格が高めなことがデメリットですが、筋トレをする際には最も適したプロテインだと言えます。

プロテインを飲む理由

プロテインを飲む理由は、低いカロリーの中で最高率のタンパク質を摂取できるからです。

普通の食事でも肉や魚、乳製品や大豆食品を多く食べることでタンパク質を摂取することができますが、他の栄養素も含んでいるので、余分なカロリーを摂取せざるを得ません。

プロテインは低カロリー高タンパク質の「食品」なので、筋肉を増やすために効率良くタンパク質を摂取することが可能です。

もちろん、絶対に飲まないと筋トレの効果がないというワケではないので、余裕のある人は飲むようにしてみてください。

プロテインの飲み方について

続いて、プロテインの飲み方やよく聞く疑問にお答えいたします!

プロテインは筋トレ後30分以内が効果的

プロテインは筋トレをし終わってから30分以内がゴールデンタイムと言われています。

この時間帯は、筋トレで傷ついた筋線維を修復するために体が栄養素を欲しているので、大きく収縮することで分解がどんどん進んでいます。

このときに、筋肉が欲している栄養素であるタンパク質を摂取することで、効率よく吸収されてより強い筋肉へと修復されていきます。

プロテインを飲むときに一緒に摂りたい栄養素

激しい運動後にタンパク質であるプロテインを摂るのは、筋肉の修復を早め、より強くする意味でとても効果的です。

さらに効果的なものにするためには、一緒に「糖質」を摂りましょう

糖質を摂ることで血糖値が上がりますが、その血糖値を下げるためにインスリンと呼ばれるホルモンが分泌されます。

インスリンには、筋肉の分解を防ぎ、タンパク質を体内に吸収させる働きがあるのでさらに効率よくタンパク質を摂取することができます。

TSUBUMAME

バナナやゆでたまごは相性が良いですね!

プロテインを飲むときの量はどれくらい?

プロテインを飲むときは、一度に20gまでにしておきましょう。

タンパク質は大量に摂取することができず、20g以上は消化・利用しきれず排出されてしまいます

成人男性であれば、体重×2gを目安として小分けにして摂取するようにしましょう。

飲むタイミングはトレーニング後30分以内と就寝前が効果大です。

プロテインを飲む頻度はどれくらい?

プロテイン=タンパク質は、一度に大量に摂取しても消化しきれず、体外に排出されてしまいます。

成人男性であれば、一日の摂取量の目安として体重×2gが望ましいですが、一度に摂取する量は20gまでにしておきましょう。

摂取する頻度ですが、3時間ごとに摂取するのが最も効果的だそうです。

また、細マッチョを目指すのであればトレーニングをした日だけ飲むようにしましょう。

摂り過ぎは逆に太ってしまいます。

プロテインは水で飲むべき?牛乳で飲むべき?

プロテインは一般的に牛乳が多いイメージですが、水で飲んでも全く問題ありません。

水の場合はカロリーゼロで吸収スピードが早め牛乳の場合は他の栄養素を補えて飲みやすいことが特徴です。

豆乳で飲むのも良いですが、流石にジュース類やお酒類で飲むのはやめましょう。

気になったプロテインやサプリメントをピックアップ

それでは、ここから僕が気になったプロテインをピックアップしてご紹介致します。

雑誌で話題!パーフェクトビルドEAA

チャンピオンも一押し【パーフェクトビルドEAA】


 名称モテBODYを手に入れる【パーフェクトビルドEAA】
 メリット 
  • 初回無料
  • 90日間全額返金保証つき
  • 送料無料
  • 数多くの雑誌で取り上げられている
 補足説明 EAAという必須アミノ酸とロイシンが効率良く配合されたバランスの良いサプリメント。

1日に必要なEAAは6gで、食事でとろうとするとステーキ250gを35枚も食べる必要がある。

トップアスリート愛用中!HMBプロテイン18000

ファインスポーツの【HMBプロテイン18000】


 名称本格派アスリートのためのボディメイク系サプリ『HMBプロテイン18000』
 メリット 
  • アジアゴールデンスターアワード受賞
  • 都度購入が出来る数少ないプロテイン
  • コストパフォーマンスが非常に良い
  • ホエイプロテイン、且つ話題のHMBカルシウム配合
  • 数多くのトップアスリートも愛用中
 補足説明定期購入が多いプロテインの中で、都度購入が出来る珍しいプロテイン。

且つ、コストパフォーマンスが非常に良くて最も気になっているプロテイン。

ホエイプロテイン+HMBカルシウム配合なので、トレーニング後に最適。

亀田興毅が出ていて話題!HMB極ボディ

業界最大級のマッスルサポート成分を配合!【HMB極ボディ】

 名称理想の体型に近づくサプリメント【HMB極ボディ】
 メリット 
  • 日本初のアメリカ特許成分「アストラジン」で吸収率1.5倍
  • 業界で最大級のHMB配合量
  • 返金保証付き、送料無料
  • 多数のメディアに掲載されて最も話題のサプリメント
  • 無添加のタブレットで安心
 補足説明サプリメントだけどメディアでよく見かけるのでピックアップ。

無添加のタブレットで安心、且つ吸収率が非常に高くて効果が高そう。

価格が最もお手頃のプロテイン!FIXIT

【FIXIT DAILY BASIC ホエイプロテイン】


 名称なりたい体になる為のプロテイン【FIXIT DAILY BASIC ホエイプロテイン】
 メリット 
  • 楽天ランキングで1位を獲得する大人気プロテイン
  • ホエイプロテイン100%使用
  • 水でも美味しく飲めるような飲みやすさを重視
  • バニラとストロベリーの2種類から選べて初心者でも飲みやすい
  • 価格が最もお手頃価格
 補足説明初心者の人でも飲みやすいプロテインであることを重視している印象。

特に、今回紹介したもので価格が最も安価なので僕もこれを飲んでます。

TSUBUMAME

僕が初めて購入したプロテインはFIXITです。

めちゃくちゃ飲みやすいというところがポイントで、且つ価格もお手頃なので初心者の人にオススメしたいプロテインです。

まとめ

ということで、今回はプロテインについて徹底的に調べてきました。

最後におさらいをしておしまいにしますね。

この記事をおさらい!

  • プロテインは低カロリーで高タンパク質!筋トレ後に最適な栄養素摂取が可能です
  • 成人男性は体重×2gが一日の摂取量目安。3時間おきに20gずつ摂取しよう!
  • 僕が飲んでいるのはFIXIT。めっちゃ飲みやすくて価格もお手頃

筋トレをして筋線維が損傷し、修復するには適した量のタンパク質と糖質が必要です。

これから筋トレを始めようとされている方は、筋トレ後にホエイプロテインを飲むようにしてみてください

それでは、今回はここまで。